『走る時、足の流れを少なくするためには?』前編

20140606-115418.jpg

こんにちはm(_ _)m

ランニング指導、陸上教室運営のヒーローズスキルです。

今回は、走っている時の後ろ足の流れについて。

陸上競技には、足が流れるという言葉があります。

イメージで伝えますと、足を後方で巻き上げたり、前に出ない状態です。

前に進む訳ですので、後ろにいかない方が良いということです。

足の前さばき

後ろに流さない
というのは、リンクします。

足が流れる人の特徴としては

身体が前のめり
接地が長い
下ろし動作が少ない
上げっぱなし
膝あげ意識

などがあげられます。

自分の走りを観察して、後ろ足の動きに着目することが大切です。

〜後編に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です