『ランニングにおける縄跳びの活用方法』

20140313-163358.jpg

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。

ランニング指導、陸上教室運営のヒーローズスキルです。

今回は、ヒーローズスキルの縄跳び練習について。

縄跳びといっても、縄跳びが上手くなるための練習ではありません。

結果的に上手くなるとお考えください。

まずは、縄跳びが上手な人と苦手な人の違いから。

◎上手な人
リズム感がある
タイミングがズレても修正できる
接地が短い
カカトがつかない
着地時の音が静か
縄を回す時に肩と肘に力が入らない
縄を回す時に手首を使う
姿勢が真っ直ぐ。
膝が曲がらない
足首だけで跳ぶ

以上のことを、意識して練習していくと、ランニングに結びつきます。

基本的な跳び方は、2種類。

前跳び

駆け足跳び
です。

前跳びは
10秒間で30回

駆け足跳びは
10秒間で33回

一回目を跳んでから、タイムスタートです。

上手な人の条件を満たしている人は、前跳びで40回、駆け足跳びで45回を超えます。

目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です