スポーツ家庭教師とスポーツ指導者

こんにちはm(__)m

スポーツ家庭教師ヒーローズスキルの近藤です。

いきなりですが、僕の指導は大きくわけて二つあります。

競技レベルのランニング指導

体育レベルのスポーツ家庭教師

当然、内容も強度も前者の方が高いです。

運動が得意な人は、前者、
運動が苦手な子供や小学校低学年は家庭教教師、
の場合が多いです。

あくまでもそういう定義付けがあるわけではなく、僕なりの位置付けです。

今回は、スポーツ家庭教師について

指導内容は、様々です。

走る
縄跳び
鉄棒
体操
水泳
ボール
体力アップ

多岐に渡り指導しますが、運動技能と同じくらい大切なのが生活指導です。

運動が苦手な子供や小学校低学年は、とにかく甘えが多いです。

出来ないことを当然と思い、少し厳しくするとすぐにふて腐れます。

こんな状況から指導がスタートするので、非常に難しいのです。

厳しくすればよいわけでなく
楽しくすればよいわけでなく

シーソーのように絶妙なバランスをとり続けなくてはなりません。

叱ればフォロー
褒めれば更なる向上心を煽る

こんな繰り返しです。

外から見れば、ただ遊んでいるように見えるかもしれませんが、ヒーローズスキルが伝えるスポーツ家庭教師は総合的なサポートを含めた指導です。
子供だけでなくご家族にもです。

遊びの延長ではなく教育であることを忘れないように心掛けています。

ご要望が遊び感覚だけであれば、ヒーローズスキルはオススメできません。

話は変わりますが
教育現場で同じようにとらえられがちな職種があります。

それは
幼稚園教諭です。

頻繁に皮肉混じりで
子供と遊んで給料を貰えていいなぁと言う人がいますが、大間違いです。

生活指導においては、世代別にみて最も大変で難しい時期だと考えています。

そんな風潮があるから、幼稚園教諭はせっかく職についてもすぐ辞める人が多いんです。

子供が好きだからと甘くみている人が沢山います。
実は物凄く大変です。

小学校教諭もそれに近いものがあります。

それだけ、子供をまとめることは難しいということです。

先生方を守るつもりではありませんが、授業をやるというのは全仕事のうちの半分くらい。

事務作業もあるし、行事もあるし、生活指導もあります。
親からのクレームも山のようです。
中学校は部活動もあります。
残業しても手当は出ません。
本当に大変です。

実際、僕が一番難しいと感じた学年は、小学1年生の4月から7月です。

子供も幼稚園上がりで話は通用しないし
親も新しい環境に戸惑っています。

僕は、幼稚園教諭や学校の先生をすごいと思います。

実際に中に入らないとわからないものですね。

脱線しましたが、スポーツ家庭教師は、教師であるわけで教育をしなくてはなりません。

決して、ただのスポーツ指導ではないということです。

これから、やってみようと思っている体育学生の皆さん、
子供を教育する責任とれますか?

遊びの延長と考えているなら、辞めた方がよいですよ。

先生目指している方、是非一度経験してみてください。

子供の一生を左右する仕事です、意欲のあるスポーツ家庭教師を多くのご家庭が必要としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です