インターハイ東京4支部予選(小池真郁)

K0030033.JPG

こんにちはm(_ _)m

ランニング指導者の近藤裕彰です。

今回は、指導している高校生について。

名前も通っているので、高校生ですが名前出してます。

ジュニアオリンピックを制して、約5ヶ月。

この冬は、走り込みと筋力アップの前に、フォーム改革に臨みました。

テーマは、左右対称。

とにかく癖が多い走りで、自分の真っ直ぐが既に曲がっている状況からの指導だったので、簡単にはいきませんでした。

4/4の春季記録会では、10秒85のベスト記録を更新しましたが、まだまだ不安定です。

さぁ、このまま波に乗れるか!

親御さんの期待も背負って、國學院久我山高校陸上部と小池くんと共に頑張ります!

僕は、久我山の指導者ではないので、陸上部関係者の方とタッグを組んでます。
4/28、4/29は、インターハイ東京都4支部予選に同行します。

予選だし、楽に走ってのタイムで十分かな。

楽しませてもらいます。

母校の日大二高も頑張れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です