子供と共に喜び合う大切さ。

スポーツ・体育家庭教師ヒーローズスキルの
近藤裕彰です。

夜の祖師ヶ谷公園での一幕。

練習中に空からカブトムシが

中学生のラガーマンと二人で大興奮。

その数分後に二匹目も降ってきました

飛んで逃げた所を二人で全力で追いかけました。

楽しかった

共に同じ時間を喜び楽しみ合う。

こういう経験が、指導者とクライアント、親と子供、大切な信頼関係に結びつきます。

スポーツでも勉強でも何でもよいです。

お互いの信頼関係が強くなれば、教えたいことがより伝わるのではないでしょうか。

子供も素直に聞けるようになるのではないでしょうか。

僕も昔はそうでした。

自分より足の速い人の言うこと
自分のことを大切に思っている人の言うこと
尊敬できる人の言うこと

やっぱり
同じことを言っていたとしても、心への入り方が違いました。

心へ届く指導者になりたいですね。

頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です