マラソン

足に優しいフォームがあなたの”走り”を変える

ランニングは誰でもできると思ったら、それは大間違いです。ランニングは既に応用であり、その基礎にはジョギング、ウォーキング、さらに基礎練習があります。いきなり長い距離を走ろうとすれば、足への負担は大きなものになるでしょう。”できる”と”やっている”は、似てますが違うということです。

「基礎がある人」

「基礎がない人」

何が違うのでしょうか?

簡単に言えば、使っている関節が違います。もちろん、足の扱い方が全く違うので、疲れにくく、足首や膝などの比較的地面から近い部分に負担がかかりません。

 

こんな練習をしていませんか?

ただ距離を増やせばよいと、ひたすらに走り込んでいませんか?確かに距離への適性が高まれば、長い距離を速く走ることはできます。ですが、このような練習に取り組むのは、基礎がある人です。練習を始めてすぐは、急激に速くなるでしょう。おそらくその成長は、長続きしません。

あなたの走りを劇的に変えたいなら

無料相談にお問い合わせ下さい。

どうすれば足が速くなるのか?、練習方法などのご質問には、お答えできませんのでご了承ください。

 

怪我をしないこと

マラソンを走るには、長い距離を楽に走りきれる力が必要です。そのためには、足に”優しい”走りを覚えなくてはなりません。一歩一歩が優しければ、足首や膝への負担が減少します。もし負担の大きい走りをしてる場合、自分で気づかないうちに、関節や筋肉が悲鳴を上げていることを忘れてはいけません。

痛みが出てきた時は、アウトなのです。

 

では、、、

怪我の少ないエコな走りをするには

どうすれば良いのか?

 

 

重心移動の無駄をなくすこと

走ることにおける無駄とは、余計な重心移動と考えています。

上下動が大きくなれば、上に跳ねることになり、重力がより負担になります。左右に振られるように走れば、サーカスの綱渡りのようにバランスが取りづらくなります。無駄な動きが多いほど、地面に接している足首、上体を支えている膝、腰に負担がかかります。

どれだけエコに走るかが大切です。

 

腰で走ること

重心移動をスムーズにするには、先にも記載した通り、上下左右のブレを極力抑えなくてはなりません。

全てのコース共通である股関節の柔軟性を高め、骨盤を動かし腰を押し出すように走れれば、自ずと重心のブレは少なくなります。短距離走に比べて動きが小さく、外目ではわかりにくいですが、速い選手は使う関節、筋肉が違うのです。

 

疲れにくいフォームを手に入れたい方はお問い合わせよりご相談ください。

 

指導例(一般マラソン導入)

10kmで膝が限界⇒膝への負担を感じない

大人になってマラソンを始める方が増えてきています。今回ご紹介する例は、怪我や足腰の負担軽減を目的とした指導です。(私の感覚なのでわかりづらいと思います。)

40代の方で、長い距離を走るとすぐに膝が痛くなる、といった症状があり指導スタート。結果的には、3回ほど(期間は3週間)で改善しました。

まず取り組んだことは、カチカチに固まってしまった股関節の柔軟性を改善。キレイに走れていれば、そこまで硬くならないものですが、筋肉は正直なもので、見えないところで悲鳴をあげています。ご自宅でも取り組んでいただき、3回目にはかなり良くなりました。

次にフォームの改善。重心が低く沈み込むような走りをしていたため、膝への負担が強い。膝意識から骨盤意識へ変更し、体操、ランニングドリルの基礎練習を多用。あとは、走りに繋げます。

柔軟性は、正しい方法であれば簡単に向上します。走りの意識は、アプローチが重要ですので、ただ意識しただけでは変わりません。何が原因で問題の症状が発生し、その症状が出てしまう走りの意識を改善するために、基礎を積むことが大切です。

感覚的な文章でわかりづらいですが、皆様が迷う必要はありません。私と一緒に考えましょう。

 

対象者

・マラソンを始めたい、マラソンをやっている

・年齢制限はありません。

*マラソンを始めたい、記録を伸ばしたい、怪我が絶えない、適切なトレーニングを学びたい、練習方法がわからない、などお悩みがある方が対象です。

 

指導内容

指導内容は、クライアントの課題にリンクした内容です。共通課題はありますが、人により違ってきます。

1.技術練習

足の上げ方、下し方の基本、接地の方法、体幹の扱い方など、レベルに応じて難易度は高くなります。

2.柔軟性強化

部位別に少し変わった体操を取り入れ、柔軟性を上げます。与えられた課題をご自宅で取り組んでいただければ、効果は倍増します。

3.筋力強化

技術レベルが高いだけでは、速く走れません。身体のどの部分が弱いのか判断し、強化することで総合力を高めます。

4.体幹強化

筋力レベルの強さと体幹の強さは、必ずしもリンクしません。足が重ければ、それに応じた軸の強さが必要です。

5.総合力

基本レベルが高い場合は、各要素を高める総合的な練習をしていきます。

6.実践力

実際にトレッドミルで走りこみ。必要に応じて競技場で走りチェック。

 

活動場所

東京都中野区本町1-2-8 1F(HerosSkillスタジオ)

 

指導予約

・予約可能曜日:月曜~木曜、土日祝日

・可能時間帯:9:00~21:00

・指導時間:60分~120分

・スケジュール調整が必要なため、まずはご連絡ください。

 

指導料金

・個人指導:¥12000円/60分

・グループ指導(2人):¥12000円/60分

※人数が増えるごとに、指導力が分散されること、ご理解ください。個人に緊急を要する場合は、個人指導をおススメしています。

 

備考

延長30分:6000円/30分

人数が増えても、1人の指導と同料金です。

無料練習会 HerosSkill部活

 

 

お問い合わせ