陸上 長距離走

長距離走としてのスピードを手に入れる

現在の長距離走は、スピード時代です。5000m~10000mの選手といえども、400m程度のスピードは必須事項と言えるのではないでしょうか。私の個人的見解ですが、もっとミドルスプリントを強化し、そのためにショートスプリントを練習しなくてはならないと考えます。適切な走り方を学ぶためには、大は小を兼ねる、この意味合いが非常に大切で、小さくコンパクトな長距離走の走にも、大きな短距離走の走りを学ぶことが役に立つということです。まずは自分自身の最大限の動きを、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

スピードを高めること=無駄を省くこと

100m走のような10秒程度で完結する競技でも、5000mの15分かかる競技でも、一歩は一歩に変わりないということを再認識して頂きたいです。100mの歩数は50歩前後、5000m走の歩数は、数える気にもなりません。一歩と考えると、長距離走では大した差ではないかもしれません。ですが何千歩と走るわけだからこそ、歩数×数センチを無駄にしてはいけないのです。さらに歩数が多くその質が悪ければ、一歩当たりのロスも増えるし、体力を浪費するし、関節に負担もかかります。重心の乱れを減らし、接地を的確にすれば、自然とストライドが増し、ピッチが上がるのです。つまり、スピード=ストライド×ピッチ=無駄を省くことなのです。

足への負担を少なくする

距離が長く、歩数が多い長距離走だからこそ、一歩の負担を少なくしなければなりません。足首や膝に負担が多くかかるのも、走り方が悪く衝撃の吸収が上手くできていない可能性があります。片足に障害をかかえるのも重心のバランスや走りに癖があるかもしれません。そのためには短距離走と同じく、関節の可動域を高めるために股関節の柔軟性を強化する必要があります。動きが小さい長距離走と言えども、柔軟性は必須事項です。

対象者

・陸上競技トラック種目(1500m以上など)

・中学生以上(小学生陸上は小学生走り方をご覧ください。)

・走力レベルに規定はありません(全国TOPクラス~初心者レベルまで対応可能です。)

*持久力はあるが、スピードがない、ラストスパートで毎回負ける、長い距離が保てない、短距離走が遅い、足首が痛くなる、膝が痛くなる、腰が痛くなる、片足に障害がある、身体が硬い、力みが多い、適切なトレーニングを学びたい、練習方法がわからない、などお悩みがある方が対象です。

 


指導内容

  • 技術練習に特化した指導
  • 柔軟性を高める体操
  • 動画撮影によるフォームチェック
  • 走り込み、トレーニングは、希望に応じて

活動場所

東京都中野区本町1-2-8 1F

指導予約

  • 予約可能曜日:月曜~木曜、土日祝日
  • 可能時間帯:9:00~21:00
  • 指導時間:60分~120分
  • スケジュール調整が必要なため、まずはご連絡ください。

指導料金について

  • 個人指導:¥12000円/60分
  • グループ指導(2人):¥12000円/60分

備考

お問い合わせ