肉離れ改善

肉離れが癖になっている方いらっしゃいませんか?肉離れになってしまった時は、その部分に問題があったとか、負担がかかっていたと思うでしょう。確かに、そうなんですが、部分的に考えるだけでなく、総合的に考えることで怪我の根本的な解決をすることができます。

怪我をした部位が疲労していたから、弱かったから、負担がかかってしまっていたことが原因である。

確かに正しい判断です。

対処法として、ケアを怠らないように注意しよう、弱い部分を鍛えよう、負担がからないように走り方を変えよう。これだけではまた再発することでしょう。

どうして疲労がたまりやすいのか?どうして弱いのか?どうして負担がかかりやすいのか?問題の先端だけではなく、末端まで考えていかないと問題は解決できません。

走り方の指導を例に挙げますと、腕振りで肘が伸びると言われれば、肘を曲げればよいのか?膝の高さが低いと言われれば、高くすれば良いのか?首が前に出ると言われれば、後ろの反ればよいのか?

全て間違っています。物事の先端を形だけ正しても、新たな問題が生じます。先端の問題は末端にあります。

良くクライアントの方に話をするのですが、大きな木の葉っぱが病気になりました。

葉っぱを切れば治りますか?いいえ治りません。

木の中心である根っこから治さなくては、再発することでしょう。

怪我も同じです。

根本から見直しましょう。

はじめに

陸上競技を代表する走るスポーツにおいて、肉離れは最も多い怪我の一つです。

肉離れに一度なってしまうとなかなか全力プレーができなくなり、完治するまで安静にという状況になり兼ねません。

特に陸上競技は、走ることがメインの競技のため肉離れになってしまえば、試合に出場することはおろか練習することすらままならないでしょう。

私の怪我に対する考え

怪我は自ら回避できる。

怪我をするにも理由がある。

怪我をしにくい身体を作る、怪我の少ない走り方を学ぶ、この考えこそ、ヒーローズスキルの根源なのです。

足を速くすること=怪我の少ない走り

一つを正しく追えば、全てが繋がってきます。自分の身体を大切にし、長いスポーツ生活をおくれるように頑張りましょう!

こんな症状ありませんか?

  • 歩いている時に激痛が走る
  • 歩くことが出来ない
  • 歩けるがいつも通りに歩くと足が痛い
  • ジョギングして足がついた時に痛い
  • 背伸びをするとふくらはぎが痛い
  • 屈伸ができない
  • 前屈すると裏腿が伸ばせない
  • ある程度スピードを上げて走ると痛みが出る
  • 全力疾走すると足が痛い

上記のチェックリストに多く当てはまっている方は、肉離れを引き起こす危険性がありますので、メンテナンスを行う必要があります。

なんで肉離れになるの?

肉離れとは、瞬発的な動きにより発生し、特に走る運動において、裏腿、前腿、内腿、ふくらはぎの筋肉が断裂することを言います。肉離れとは俗称で、正式には筋断裂と言います。肉離れは、部分なのか完全断裂なのかで重度も分かれています。

特に速い動きで負荷が急激にかかる時に、起こりやすいと考えるとイメージしやすいと思います。筋肉は、動くときに常に伸び縮みしていますので、大きく伸びて急激に縮む時に大きな負荷がかかります。

負担の度合いは人によりますので、普段運動していない人は、何気ない瞬間に肉離れをしてしまうこともよくあります。

ここで、わかりやすく例を交えて説明します。

輪ゴム鉄砲をイメージしてください。

大きく伸ばせば伸ばすほど、前に力強く飛んでいきます。ゆっくり伸ばすよりも速く伸ばす方が良く伸びます。ただしゴムの強さが負荷に耐えられなければ、切れてしまいます。

このように全力で走ることはゴムを強く伸び縮みをさせている時と同じような状態です。ですので、肉離れを起こさないように、筋肉の状態を強いだけでなく、柔らかく、しなやかで、そして大きな負担に耐えられるようにしなければなりません。

肉離れ時の処置

超軽度

-症状:走り終わると何か少し痛い、患部が少し熱く感じる

-期間:1週間程度

-処置方法:練習後アイシング、熱を感じなくなったら積極的に温め、ストレッチ

【コメント】怪我と疲労の境目です。ただし、患部に負担が少なからずかかってしまっているので、「どうしてそうなったのか」を考えなくてはなりません。大きな怪我を防ぐために原因を探して改善していく必要があります。

 

 

軽度 

-症状:全力で走ろうと思えば走れるが、走った後の痛みは強い

-期間:1ヶ月

-処置方法:痛みが出る運動は極力避け、RICE処置を行う。走る以外の運動で痛みを感じなくなったら、ストレッチを行う。

【コメント】練習をしないということは勇気が必要ですが、痛みが出る状態の時はできる限り、その運動は控えましょう。プラスに考え、自分のウィークポイントを強化する期間にしましょう。結果的に早く完治した状態になれるはずです。

 

 

中度

-症状:全力では走れないが、ジョギングなら何とかできる

-期間:3ヶ月

-処置方法:痛みの出る運動は全面的に避け、回復に徹すること。基本のRICE処置を行い、熱を感じなくなったら、温めましょう。ある程度、走るのに問題がない状態になったら、少しずつストレッチを開始していきましょう。

【コメント】中途半端な状態で無理を重ねていると、結果的に復帰まで時間がかかります。最初の1週間は特に大切で、走れなくて不安なのはわかりますが、とにかく回復に徹することです。

 

 

重度

-症状:歩行困難

-期間:半年程度

-処置方法:歩けるようになるまでは、RICE処置と温熱療法を行います。回復に徹して日常生活に支障がない程度まで我慢しましょう。その後は、ストレッチから開始しましょう。

【コメント】運動したくてもできない状態ですので、精神的にも苦しいと思います。積極的にカラダの回復に努めましょう。最初の1ヶ月程度は日常生活も大変ですが、動けるようになった時に何ができるかを考え、頭を使う期間にしましょう。怪我というものは、何気なく過ぎればプラスにはなりませんが、しっかり考えて過ごすことができればプラスになります。決してマイナスだけでなく、今後の競技生活に生きるはずですので、悲観的になりすぎず頑張りましょう。

 

肉離れをほっとくと本当は危険

肉離れは身体の注意サイン

肉離れに限らず、怪我のほとんどが、『あなたの身体と動きに不自然さや過負荷がある』と教えてくれているのです。上記で記載したように、怪我が軽度であれば、まだよいですが、重度であれば取り返しのつかない状況になり兼ねません。このサインを素通りするかしないかで、今後の競技生活を円満に送れるか否かが決まるといっても過言ではありません。

肉離れを無理すると

無理をすればするほど、悪化することは当たり前ですが、本当の危険はそこではありません。怪我をするということは、痛みが出ます。痛みが出るということは、痛みを避けようとします。痛みを避けようとすれば、逆側の足に頼らざるを得ません。そして、逆側の足にも負担がかかってしまいます。逆側の足に負担が過度にかかれば、逆足の怪我にも繋がります。このように負のスパイラルに陥ることになってしまいます。怪我を無理するということは、健康であったはずの部位にまで、悪影響を与えるとですが、本質的な問題点を改善しなければ、これからも肉離れを起こす可能性は高くなるでしょう。

人間のカラダは繋がっていますので、カラダのどこかのバランスが崩れると、バランスを整えようと他の部位でカバーしようとするので、そこに負担がかかりやすくなります・・・・・・

あなたは走る時に

  • 正しく足を上げられていますか?
  • 正しく足を下げられていますか?
  • 正しい場所に接地できていますか?
  • 衝撃を吸収する意識はありますか?
  • あるならどの関節で行っていますか?

例を挙げればキリがありませんが、知らず知らずに怪我をした部位に前後左右内外に負荷をかけているのです。

  1. 怪我してしまった
  2. 再発しないように、柔軟性を高めよう
  3. 再発しないように、筋トレして強化しよう

これでは不十分です。

まずは、肉離れを起こしてしまう本質的な問題点を探して、それに対する適切なアプローチ方法を行っていくことが先決です。

怪我に対する意識をより高く持ち、競技人生を有意義なものにしていきましょう。

 

対象者

・怪我や障害に悩まれている方

・スポーツにおいて、足に負担を感じる方

*走ると裏腿が痛い、走り終わると前腿が痛い、怪我が多い、ストレッチすると痛みが残る、ストレッチに詰まりがある


指導内容

  • 痛みの原因となる動きの改善
  • 歩き方、走り方の指導(希望に応じて)
  • 動画撮影による動きチェック
  • 筋力トレーニング

活動場所

東京都中野区本町1-2-8 1F

指導予約

  • 予約可能曜日:月曜~木曜、土日祝日
  • 可能時間帯:9:00~21:00
  • 指導時間:60分~120分
  • スケジュール調整が必要なため、まずはご連絡ください。

指導料金について

  • 個人指導:¥12000円/60分
  • グループ指導(2人):¥12000円/60分

備考

延長30分:6000円/30分

人数が増えても、1人の指導と同料金です。

問い合わせ

[contact-form-7 id=”4864″ title=”コンタクトフォーム”]