球技特化

足は才能だけではないと知ることがあなたの”競技人生”を変える

球技スポーツの指導者は、”走力は後付けで伸ばせない”と考えることが多いようです。そのため、セレクションでは、才能だと思われている走力を重視し、球技に必要な技術を自分の指導力で後付けをする、全てではありませんが、このような状況があるということは間違いないです。ここで断言します。走力は、”才能”だけではありません。

「足が速い人」

「足が遅い人」

具体的には、何が違うのか?

ここがわかれば、足が遅い人は、必ず速くなることが出来るはずです。

まずあなたが考えることは、筋力でしょう。筋力が強いことは絶対条件ですが、足の筋肉が発達しているからといって、必ずしも足が速くなるわけではありません。
最低限の足の力は必要ですが、それよりも重要なのは、身体の中心部分つまり骨盤周辺の力です。
ですが筋力だけでは、それほど差をつけることはできません。それ以外の能力で、足を速くすることが出来れば、ライバルと明確な差をつけることができるはずです。

 

こんな練習をしていませんか?

走り込みだけでは、一時的な走力UPしか期待できません。いくら走り込んでも、劇的な変化を遂げることは難しいでしょう。また、普段の練習習慣に加えて、独自に走り込みを行えば、体力的にも厳しいものとなります。もっとスマートに考えれば、疲労無しで足を速くできます。

走り込み以外の方法で飛びぬけた走力UPをしたいなら

無料相談にお問い合わせ下さい。

どうすれば足が速くなるのか?、練習方法などのご質問には、お答えできませんのでご了承ください。

 

球技スポーツにおける足が速いとは

球技におけるスピードは、最高速を評価される陸上競技とは異なり、初速や最高速までの到達時間で評価されます。

例えば、出だしが遅く後半に速くなる走りだと一瞬で相手を置き去りにするような場面では使いにくく、いかに最高速が高くても到達まで時間がかかると、ロングランを除き使える場面が限られてしまいます。

また様々な変化に対応できる臨機応変な走り方を必要とするため、宙に浮くような走りでは左右の変化も難しく、急激なストップ動作にも対応はできません。陸上競技の走り方をそのまま球技に生かしても、残念ながら大きな効果を得ることは出来ません。

単純に50m走を速くすることだけで言えば、陸上競技を練習すればよいかもしれませんが、どうせなら応用できる走り方を覚えましょう。

では、、、

球技適正のある走りを手に入れるには、

どうすれば良いのか?

 

 

股関節をつかうこと

サッカーを例に考えてください。強いシュートを蹴ろうとした場合、短い足と長い足、どちらが強いでしょうか?
野球でも同じく、短いバットと長いバットでは、どちらが遠くに飛ぶでしょうか?

お分かりのように、質量が同じであれば、力が強くなるものは長いものです。

単純に考えて、パワーは、力×スピードの計算で表されますので、仮に足のスウィングスピードが同じであれば、長い足の方がパワーは強くなります。
足で考えれば、足首よりも膝よりも、股関節で足を扱うことが出来れば力は増すということです。

※スポーツの場面は、複雑ですので、上記の方式が全てではありません。

 

左右差との格闘

スポーツ全般にいえることですが、特に球技は左右差の多いスポーツと言えます。

野球のバッティング、走塁、サッカーのシュート、軸足、ラグビーのボールを持つ腕など、例を挙げるときりがありませんが、それだけ左右の得意不得意が出やすい要素があるということをご理解ください。

それに比べて、走るということは両足を交互に使う運動のため、可能な限り左右差がないことが望ましいので、左右のバランスを調整するために非常に有効な手段と言えます。

右利きの野球の場合、右軸足に体重を乗せることが上手くなり、サッカーの場合、左軸足に乗せることが上手くなります。これはほんの一例ですが、左右独特の動きをするスポーツであればあるほど、左右差は多くなります。

キレイに走ることは、偏ったバランスを正常に戻し、身体のメンテナンスとしての役割もあるわけです。

 

柔軟性を高めること

球技において、柔軟性を高めることは、競技パフォーマンスに結びつきます。野球において肩甲骨を使うことは、もはやメジャーであり、イチロー選手のしなやかな動きはまさに柔軟性の最たるものと評価されています。

スポーツ全般に言えることですが、肩甲骨と股関節を上手く使えるようになることが競技レベルを引き上げることに繋がりますので、いかに使える状態にするつまり柔軟性を高めることは必須事項なのです。

走ることも同じで、大きな関節を使えるように柔軟性を高めておかないと、大きなパワーを出すことができません。柔軟性を高めることは、怪我の予防のためだけでなく、パフォーマンスを上げるために必要なのです。

球技に生きるフォームを手に入れたい方はお問い合わせよりご相談ください。

 

指導例(球技)

1回の指導で、3か月後、チーム下位のスピード⇒チームTOPのスピードへ(高校アメフト)

アメフトのために、走力を上げたい、単純明快な理由から指導スタート。球技の依頼は、速くなりたいという漠然とした理由が非常に多いですが、その中でも顕著な例をご紹介します。(私の感覚なのでわかりづらいと思います。)

走りの第一印象は、小さい、身長が小さいなどと言う訳ではなく、動きが小さいということです。高校生なので、身体はしっかりしています。筋力が高い状態で、動きが小さい場合は、大体柔軟性が低い。しかも骨盤周辺です。

指導内容は、これから数か月、毎日行う課題を与えただけです。球技に生きる、柔軟性と技術力を上げる、ちょっと変わった体操のようなものです。

球技選手は、筋力レベルは高いが、何か一本ネジが抜けている場合が非常に多いです。原因次第では、非常に簡単です。彼は、どうして足が速くなったのか、わからないと言っていました。きっとそうでしょうね(笑)

 

鈍足から瞬足へ、中1で50m走9秒台⇒中2で6秒台で東京代表へ

ラグビー代表セレクションのために指導スタート。中1で身長180cm半ば。動きは、鈍く、背が大きいだけの選手といった印象。

身長が大きく、足が重たい人は、脚力が弱いよりも体幹部が弱いケースが多いです。指導内容は、体幹強化と技術指導と柔軟性強化。ゼロからのスタートです。毎週指導していたので、一か月一か月の変化が明確です。筋力は、すぐに成果が出ないため、地道に課題を与え努力してもらいました。自分のためになるから、頑張れと。結果は、代表に選ばれ、高校も名門へ、大学は名門をけって勉強で超一流私立大学へ。勉強ができる人は、道筋を立てることに優れているため、私が与えた課題を地道に努力できる力も持っています。

努力できない人は、何をしても成果は出ません。裏を返せば、正しい道筋で努力すれば、必ず結果は出るということです。稀に適当にやって凄い選手、つまり天才も存在しますが。

 

 

対象者

・球技選手(走る場面のあるスポーツ)

・中学生以上(小学生陸上は小学生走り方をご覧ください。)

・走力レベルに規定はありません(既に足が速い~ものすごく遅い)

*盗塁ができない、50mは速いが盗塁の指示が出ない、出だしの一歩が遅れる、足は速いが上手く使いこなせない、横の動きに弱い、すぐに止まれない、よく怪我をする、柔軟性が低い、身体が硬い、などお悩みがある方が対象です。

 

指導内容

指導内容は、クライアントの課題にリンクした内容です。共通課題はありますが、人により違ってきます。

1.技術練習

足の上げ方、下し方の基本、接地の方法、体幹の扱い方など、レベルに応じて難易度は高くなります。

2.柔軟性強化

部位別に少し変わった体操を取り入れ、柔軟性を上げます。与えられた課題をご自宅で取り組んでいただければ、効果は倍増します。

3.筋力強化

技術レベルが高いだけでは、速く走れません。身体のどの部分が弱いのか判断し、強化することで総合力を高めます。

4.体幹強化

筋力レベルの強さと体幹の強さは、必ずしもリンクしません。足が重ければ、それに応じた軸の強さが必要です。

5.総合力

基本レベルが高い場合は、各要素を高める総合的な練習をしていきます。

6.実践力

実際にトレッドミルで走りこみ。必要に応じて競技場で走りチェック。

 

活動場所

東京都中野区本町1-2-8 1F(HerosSkillスタジオ)

 

指導予約

・予約可能曜日:月曜~木曜、土日祝日

・可能時間帯:9:00~21:00

・指導時間:60分~120分

・スケジュール調整が必要なため、まずはご連絡ください。

 

指導料金

・個人指導:¥12000円/60分

・グループ指導(2人):¥12000円/60分

※人数が増えるごとに、指導力が分散されること、ご理解ください。個人に緊急を要する場合は、個人指導をおススメしています。

 

備考

延長30分:6000円/30分

人数が増えても、1人の指導と同料金です。

無料練習会 HerosSkill部活

 

 

お問い合わせ