陸上 短距離走

大きなフォームがあなたの”走り”を変える

陸上競技の走り方は、特殊な走り方を必要とします。なので、あなたが専門とする種目にあった走り方に変えていく必要があります。

「球技のトッププロ」

「陸上のプロ」

が20mを走っても大差は出ません。

ですが、100m走をした時は、「球技のトッププロ」と「陸上のプロ」との間に大きな差が現れ、陸上のプロが圧勝するでしょう。なぜなら、「陸上のプロ」は根本的に異なった走り方をしているからです。

陸上競技に適した走りを会得できれば、スムーズにスピードを上げることができ、後半の失速を抑えることができます。後半に伸びる走りを身に付けなければ、陸上競技選手として各世代TOPレベルでは活躍できません。

 

こんな練習をしていませんか?

目的を持たずに、ただ激しい走りこみや筋力トレーニングをしていませんか。陸上競技を始めたばかりであれば、あなたのタイムは少しばかり伸びるでしょう。ただ、頭打するのは目に見えています。最速のタイムを出すためには、正しい練習、正しいトレーニング、そして正しいフォームが必要になります。まずは、適切な目的を持って日々の練習に取り組みましょう

あなたの走りを劇的に変えたいなら

無料相談にお問い合わせ下さい。

大きく走るということは

スピードを表す計算式として、

ストライド×ピッチ=スピード

と言われています。簡単に説明しますと、一歩が大きくて回転が速ければ、足が速いということです。

言うのは簡単ですが、一歩を大きくすることは歩幅を広げればよい訳ではなく、重心移動距離を増やさなくてはなりません。仮に、一歩を無理やり大きくしても、次の一歩に移るまでに時間がかかり、結果的に回転を失うことになってしまいます。

なので、いかに回転を損なうことなく一歩を大きくするかが、陸上競技の課題となります。

ですが、勘違いして頂きたくないのが、歩幅をただ広げればよいというものではないということです。重要なのは、進んでいる方向への重心移動です。

重心移動がスムーズにできれば、歩幅が広く、かつ回転数が落ちない走りを手に入れることができます。あなたのライバルをごぼう抜きできるでしょう。

では、、、

適切な重心移動を会得するには、

どうすれば良いのか?

 

 

股関節をつかうこと

下半身の一番大きな関節は股関節であり、股関節を上手く使えるようになると上半身との連動性が高まり、スポーツにおけるパフォーマンスが上がります。

陸上競技において、股関節を上手く使えるか使えないかで、競技レベルが変わるといっても過言ではありません。オリンピックに出るような選手は、ミゾオチ(上腹部)で足を上げる感覚があり、どれだけ大きな円をイメージしているかが良く分かります。

体操から股関節を使えるための練習を取り入れ、より大きな円を身体の前側で描けるようになりましょう。

 

 

関節可動域を高めること

股関節を上手く使えるようになることが、一流への近道であることは言うまでもありません。そのために、柔軟性を高めることは必要不可欠です。柔軟性は、怪我の予防のためだけのように思われがちですが、それは間違いです。

身体が柔らかいという定義は、何なのか今一はっきりしませんが、私がいう柔軟性とは関節可動域が優れているということです。硬いゴムを力で伸ばそうとしても、労力を無駄に使うだけで上手くいきませんが、柔らかいゴムであれば楽に最大限まで伸ばすことができます。

股関節は前後左右内外に動き、より多角的な柔軟性を求められるので、それだけ専門的な練習を必要とします。

タイムが飛躍的に伸びるフォームを手に入れたい方はお問い合わせよりご相談ください。

 

指導例(陸上短距離)

1回の指導で、陸上100m:県6位から県1位⇒全国入賞

多くの選手が全国レベル、都道府県優勝レベルに至っていますが、その中でも顕著な例をご紹介します。(私の感覚なのでわかりづらいと思います。)

中学3年生男子11秒3くらいの選手で、一つ目の県大会入賞ギリギリの状況で、さらに上へと指導の依頼がありました。所見では、柔軟性が非常に高く、筋力が高い、その割に足の回転軸が非常に後ろであるといった状況。足を上げる意識に膝があり、足首に力みがあるので、その意識を身体の中心に変更。結果、2週間後の県大会で、10秒台で優勝。秋の全国大会でも入賞を果たす。

このように急激に速くできる準備が整っていると、簡単に速くなるケースは多いです。まずは、何が原因で現状を打破できないのかを調べる必要があります。

 

対象者

・陸上競技トラック種目(100m走など)

・中学生以上(小学生陸上は小学生走り方をご覧ください。)

・走力レベルに規定はありません(全国TOPクラス~初心者レベルまで対応可能です。)

*100mの前半が遅い、後半失速して抜かれていく、ストライドが狭い、ピッチが速くならない、長くなると持たない、よく怪我をする、柔軟性が低い、体が硬い、力みが多い、足が流れる、適切なトレーニングを学びたい、練習方法がわからない、などお悩みがある方が対象です。

 

指導内容

指導内容は、クライアントの課題にリンクした内容です。共通課題はありますが、人により違ってきます。

1.技術練習

足の上げ方、下し方の基本、接地の方法、体幹の扱い方など、レベルに応じて難易度は高くなります。

2.柔軟性強化

部位別に少し変わった体操を取り入れ、柔軟性を上げます。与えられた課題をご自宅で取り組んでいただければ、効果は倍増します。

3.筋力強化

技術レベルが高いだけでは、速く走れません。身体のどの部分が弱いのか判断し、強化することで総合力を高めます。

4.体幹強化

筋力レベルの強さと体幹の強さは、必ずしもリンクしません。足が重ければ、それに応じた軸の強さが必要です。

5.総合力

基本レベルが高い場合は、各要素を高める総合的な練習をしていきます。

6.実践力

実際にトレッドミルで走りこみ。必要に応じて競技場で走りチェック。

 

活動場所

東京都中野区本町1-2-8 1F(HerosSkillスタジオ)

 

指導予約

・予約可能曜日:月曜~木曜、土日祝日

・可能時間帯:9:00~21:00

・指導時間:60分~120分

・スケジュール調整が必要なため、まずはご連絡ください。

 

指導料金

・個人指導:¥12000円/60分

・グループ指導(2人):¥12000円/60分

※人数が増えるごとに、指導力が分散されること、ご理解ください。個人に緊急を要する場合は、個人指導をおススメしています。

 

備考

 

お問い合わせ