メジャーリーグを目指​す野球選手

こんにちはm(_ _)m

ランニング指導、陸上教室運営のヒーローズスキルです。

今回は、新しいものを自分に取り入れる時の注意点について。

まずはエピソードをお聞きください。

メジャーリーガーを目指す選手を指導していますが、その方は足を速くしようと練習に取り組んでいます。

僕の所に来る前に、独自に走る理論に取り組み、走りを崩してしまいました。

僕自身も経験があり、100Mのタイムを1秒下げたことがあります。

指導理論を色として表現しますが

走る理論と言っても、十人十色なわけで、どんな色の指導を受けたとしても自分自身の色を捨て去り、他の色に染まることは避けた方が良いと思っています。

色彩図を見てわかるように、近い色遠い色があります。

赤、オレンジ、ピンク
青、緑、紫
など

自分が何色なのかを理解した上で、鍛練するなり指導を受けるなりしないと逆効果になることもしばしば。

もちろん、指導者がクライアントの色を識別し、何色の指導をすればより強くなるのかを判断しなくてはなりません。

ですが、外から見てもすぐには判断できないこともあるので、自分自身でも色を理解する必要があります。

闇雲に新しいことを学んでも、濁った色ができるだけ。

長い年月積み上げてきたものは大切にしてください。

色や形の違うものを取り入れた所で、良くなるわけもありません。

自分自身を見つめ直す。

これも立派な練習です。

色がない内は、新しい色に染まりましょう。

それが自分の色になるわけですから。

この話は、より専門的な選手向けの話です。

色もない人が、好き嫌いで取り組まないのは、間違っていると思います。

小学生は、様々な色を経験する

中学生は、好きな色を選ぶ

高校生は、選んだ色を鮮やかにする

それ以降は、試行錯誤して自分に合った新しい色を作る

僕は、皆様の色を作る手助けをします。

頑張りましょう!