『陸上競技 中間疾走修得の練習』

20140313-161533.jpg

ランニング指導、陸上教室運営のヒーローズスキルです。

今回は、陸上競技の中間疾走について。

陸上競技には、球技にはない中間疾走という特別な走り方があります。

野球、サッカー、ラグビーなどの前方向へのスピードを要求される競技の選手は、30mまでが特に速い。

一方陸上競技は、30m〜50m、50m〜70mにトップスピードをむかえることになります。

写真の彼は、陸上選手ですので、中間疾走を学びます。

普通の走り方と違い、靴が大きく前に投げ出されるのが特徴です。

だから陸上選手は、球技選手よりも足が速いわけです。