グループ指導の相乗効果

こんにちはm(_ _)m

スポーツヒーローズスキルの近藤です。

今回は、個人指導とグループ指導のの違いです。

当たり前のお話ですが、個人の方が一人当たりの指導時間は長くなります。

練習密度も濃いし、きめ細かい指導が可能になります。

ではグループの方がマイナスか?

確かに指導時間となるとマイナスかもしれませんが、
仲間と競いあえたり
仲間の動きを見れたり
仲間から教えてもらったり
とプラスの面も沢山あります。

求める内容によりますが、両方とも捨てがたいといったところです。

ランニング指導をイメージすると

技術的な指導は個人
走り込み等はグループ

このやり方が最適です。

一人では決して出せない力を出せるのが競うということ。

今の教育は、競わせることを避けさせます。

出来ない子供のことを考えた対策
と言いますが、
出来ないことに

気付き
傷つき

するから向上心に繋がるのではないでしょうか。

自分が出来ないことに気付けなければ、変わることは難しいと思います。

脱線しましたが、グループ指導は個人では気付くことの出来ないことに気づけます。

土曜日日曜日は、合同練習の機会がいくつかあります。

双方クライアント次第ですが、ご興味ある方は合同練習をご希望ください。