子供に成長してほしいという親の願い

こんにちはm(_ _)m

スポーツヒーローズスキルの近藤です。

新しい環境が始まり、1ヶ月が過ぎました。

新しいことが始まり、同時に新しい問題も生じてきます。

最近指導で良く見受ける内容なので参考にしてください。

最近、僕自身色々見えなかったものが見えるようになってきました。

それは、個人指導の限界です。

やはり、日常を変えなくては人は大きく変わりません。
変わる人は変わります

一人では日々の努力が出来ない。

それは単なる甘えに過ぎません。

自分を変えたいと願っている人は、皆必死です。

次の指導日には見違えるように成長してきます。

口だけで頑張るというのは誰でもできます。

皆様のお子様はいかがでしょうか?

家で筋トレするなど、家の前でランニングドリルしたりしていますか?

もちろん、ほとんどの人間が強制されないと動きません。

僕からすれば、自主的に練習出来ないことは不思議なことでもありません。

自主的に頑張れる人は、10%にも満たないのではないでしょうか。

大人のクライアントであれば、頑張れなければ、指導を受ける意味もありませんが、高校生以下はまだまだ子供です。

全て自主的に一人で頑張れるわけではありません。

少なからず親のサポートが必要です。

頑張っている子供を心から応援してあげてください。

練習している姿を見てあげてください。

そして自宅で一緒に課題に取り組んでください。

僕のいない時は、皆様がコーチです。

練習内容を知らなければ、いくら口を出しても子供は納得しません。

『何も知らないのに口を出すな』よく聞くフレーズですよね。

知った上で、そんな口をきくのなら、僕が渇をいれます。

子供を変えるなら、皆様も何か変えなければ変わりません。

お時間ある時に、是非厳しい練習を見にきてください。

一緒に頑張っている気持ちになると思いますよ。

僕の理想の指導は、三人四脚です。

誰よりも優秀なコーチは、普段傍にいる親であるべきです。

特に年齢が低いうちは。

皆様状況が違いますし、一概に言えませんが、親子で指導を受けにこられる方が沢山います。

一緒に考え、動画撮影したりメモしたりと。

もちろん
そうしなくてはいけないわけではありません。

ただし
親の言うことを素直にきく子供は、それなりの何かがあるということです。

思い当たる節がある内容であれば、取り組んでみてはいかがでしょうか。

変われ変われと言うならば、言った本人が先に変わらなければなりません。

子供は、意外と見てます。