努力という名の栄養

K0030001_2.JPG

こんばんはm(_ _)m

スポーツランニング家庭教師の近藤です。

今回は、小4男の子のランニング指導。

指導当初は、サッカーのためのランニング指導でしたが、走る才能を感じ陸上競技を薦めています。

埼玉県の子供なので、県ベスト8には入って欲しいなぁ。

なので、最近は陸上競技を指導しています。

普通陸上競技は、中1から始める場合が多いですが、たまに今まで野球部で中3から陸上を始めていきなり東京都トップに踊り出る人もいます。

いつから陸上競技を始めるにしても、技術練習をやっておいて損はないです。

期待してるよ♪

中学生の自分を想像して、走るのを楽しんで!

ただし、日々の努力も忘れずに。

僕は、出た芽を正しい方向に伸ばすことはできます。
しかし、毎日栄養を与えることは出来ません。
ご飯は毎日自分で食べるもの、月に二回ご馳走を食べても身体は強くなりません。
小学生の内は、腹八分目を続けましょう。
努力という栄養を与えられるのは自分だけだよ。

やるもやらぬも自分次第。

周りに期待してくれる人がいることを誇りに思い、裏切らぬように頑張ってください。

誰のため、何のためなら頑張れるかな。

ちなみに、僕は家族のため、自分を大切に思ってくれる人のため。